慶良間諸島の知っておきたいダイビングポイント

慶良間ダイビングをするならポイントをしっかりおさえておきましょう。 - クレパスから降り注ぐ神秘的な太陽光が魅力の知志

クレパスから降り注ぐ神秘的な太陽光が魅力の知志

慶良間にはダイビングに適した様々なポイントがあります。
美しい魚達と戯れる派のダイバーにも、地形派のダイバーにも、それぞれのニーズに合わせたダイビングのポイントがあるのです。
その中で、地形派のダイバーに人気があるのが知志です。
切り立った崖の下にあるポイントで、地形派のダイバーからは現在も根強い人気のあるポイントとなっています。
知志についてまとめてみました。

知志

座間味島の北の方、切り立った崖の下にあるダイビングポイントが知志です。
切り立った崖の下とは言え、海中もそのままの地形が続き、切り立った壁が幻想的な雰囲気を演出しています。
その壁には奥へと続く洞窟があり、洞窟の天井にはいくつもの亀裂が入っていて、晴れた日には亀裂から太陽光が降り注ぐのです。
海面の波の揺れに合わせるように、ゆらゆらと揺らめく光の筋はとても神秘的で、まるで映画の世界のような印象を受けます。
洞窟の外の岩の上には、数年前にオニヒトデによって壊滅的なダメージを受けてから復活を遂げたテーブルサンゴが元気に育ち、自然の生命力を感じる事が出来ます。
この知志は地形派のダイバーには非常に人気が高く、浅瀬の珊瑚も美しい事から、個性派のダイバーが訪れる事が多いと言われています。
岩をそっとめくると、イソギンチャクガニ等の小動物も豊富で、探究心旺盛なダイバーも好む傾向があるそうです。

知志のまとめ

知志は、クレパスが多い事から、地形派のダイバーが好んで潜るポイントです。
岩の亀裂から降り注ぐ太陽光は非常に神秘的な雰囲気で、何か降りてきそうな気さえしてくると言われています。
洞窟の中も外も自然の生命力を感じる事が出来る事から、比較的個性派のダイバーに好まれる傾向があるようです。
慶良間のダイビングを楽しむなら、色とりどりの小魚達の戯れる浅瀬も良いですが、クレパス等もある六番崎も良いと思います。また、慶良間ダイビング口コミを参考におすすめスポットを探すのも良いですね。
六番崎は、座間味島の灯台の北側に位置する事から、灯台北と呼ばれる事もあり、灯台が目印になっているポイントです。
ボートでエントリーしてアンカーを下してダイビングする事になるので、比較的初心者にもチャレンジしやすいポイントとして知られています。
六番崎についてまとめてみました。

六番崎

tjytjd
六番崎は座間味島の灯台の北側にある事から、灯台の周辺をダイビングする事が出来るポイントです。
地形がダイナミックで潮通しの良いことから夏場にはリクエストが相次ぎ、良くダイビングをするポイントにもなっています。
灯台の立っている浅い方へ行くと、陸から続くクレパスがあり、浅い棚の端の方には、赤いキンギョハナダイやパープルカラーのハナゴイ等が群れている事が多いのです。
そして通り抜けが出来るアーチが沢山あり、珊瑚の種類も豊富で、魚影も色濃く見る事が出来ます。
カラフルな魚達から、ウミガメに遭遇する事も出来るポイントとして知られており、このポイントのハードコーラルは、種類もカラーも豊富でとても見ごたえがあり人気があります。
棚から降りて深い砂地へと向かうとピグミーシーホースの住むイソバナが生息しています。
このイソバナの生息するエリアは沖へ向かう潮の流れが起きやすいので、岸方面へ向かう際には戻り辛くなる事もあるので注意が必要です。

六番崎のまとめ

ダイナミックな地形が魅力の六番崎は、初心者からもダイビングが出来るポイントです。
様々な魚達と地形を楽しむ事が出来るので、これから本格的にダイビングを楽しみたいと思っている方にも適しているポイントだと思います。

更新情報

アーカイブ

ダイビングポイント

慶良間ダイビング